CALENDER

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

CATEGORIES

archives

2005.05.13 Friday

無知の知

0
    ことわざはよくできたもので、私自身、仕事で住宅(一戸建)の設計をしていたくせに、住宅のことを何も知らなかったのだなあと思い知らされます。一戸建に住んでいると新しい発見が日々あります。
    昨日、引越し以来さぼっていた敷地の中(いわゆる裏庭ね)の草むしりっていうのをしてみました。よくもこんなに生い茂ったものよ・・・と感心するくらいびっしりと草木が生態系を形成していました。林道のよう???(笑)
    それを壊すのはかなり心苦しかったのですが、「根絶」という名のごとく、根っこから草を刈っていきました。
    まだ敷地の半分くらいし刈っていませんが、なかなかエネルギーの要る作業です。マンションの住まいの人は管理会社がたいていメンテナンスしてくれるから楽ですけどね。
    敷地の周囲部分の最終処理は、砂利敷仕上げを採用するお客様が多かったように見受けられます。比較的安価なためだけでなく、ドロボーさんが進入しても砂利敷きだと音がするので結構防犯に効くという理由もあります。しかし、アパートを建築なさったあるお客様からは、メインテナンスが面倒なのでコンクリート敷きにしてほしいというご要望がありました。実感を込めて納得。砂利敷きにしても、草木はいくらでも隙間から生えてきますからね・・・。今住んでいる私の家は、周囲は土仕上げで飛び石がおいてあるというものでしたので、草木は自由に生い茂り、飛び石なんぞ覆い隠してしまうほどでした。予算がなくても土仕上げは避けるようにお客様にはすすめないとですね。
    そういえば、この草刈で気づいたのは、北側に一本背の高い木が植わっていて、その木が北側のお宅のベランダに到達するほど成長していたのです。草木のおかげで気がつかなかった・・・。大家さんの話して背の高い部分に生えている枝を処理してやらないとお隣さんに迷惑がかかりますね。
    あらゆる日々の現象が「発見」につながりますね。

    << | 2/2PAGES |